ヘルケア特保 副作用

【ヘルケアの副作用】エーザイ特保サプリの成分の安全性とは?

 

ヘルケア特保 副作用 画像

ヘルケアは特定保健用食品として
消費者庁に認可された血圧対策サプリメントです。

 

特定保健用食品として認可されるには
成分的な安全性や効果などに関する厳しい審査を通過できないといけません。

 

ですから一般的には特保製品は品質的な信頼性は高いとされています。

 

 

 

ヘルケア特保 副作用 画像しかしヘルケアには本当に副作用はないのでしょうか?

 

 

その成分がどれくらい安全なのかはやはり気になるところですよね。

 

そこで実際に成分を調べてみることにしました。

 

 

【特保】ヘルケアの成分に副作用がないか調べました

 

 

まず、以下がヘルケアに含有される原料となります。

 

 

サーデンペプチド(イワシペプチド)、還元麦芽糖、
結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、セラック、甘味料(ステビア)

 

 

 

中でもイワシに含まれるサーデンペプチドは
血圧を低くする効果が期待できますが、その代りに
副作用がないのか気に掛かっている人もいらっしゃるのでは?

 

 

降圧剤にようなリスクがあるか不安になりますよね。

 

 

しかし、実はこのサーデンペプチドには副作用はないと言われています。

 

 

そもそも、サーデンペプチドは血管を縮める働きがある
アンジオテンシンUという物質の働きを阻害することで血圧を
正常化することができるとされています。

 

 

血圧を下げるのではなく上がった血圧を元に戻すため
血圧が正常な人がサーデンペプチドを摂っても下がりません。

 

ヘルケア特保 副作用 画像つまり血圧が下がりすぎることもないのです。

 

 

降圧剤みたいに一気に血圧を下げるのとは違って、だんだんと

 

正常にまで下げていくという結果が臨床実験でも実証されています。

 

 

そのかわり速効性は高くないですが
副作用の心配もすることなく、安心、安全に血圧ケアができるというわけです。

 

 

 

【特保】ヘルケアは成分ごとに副作用はあるの?

 

 

次にヘルケアに含まれるサーデンペプチド以外の成分をひとつひとつをチェックしてみることにしました。

 

 

還元麦芽糖

 

サプリメントの形を整える用途で使用されます。

 

副作用に関しましては過剰に摂ったらお腹がゆるくなることもありますが
サプリに入っているのは微量ですので副作用の心配をする必要はなさそうです。

 

 

結晶セルロース

 

こちらも錠剤の形を整える賦形剤として使われます。

 

結晶セルロースは元々食物繊維なので副作用の心配はないと考えて良さそうです。

 

 

ショ糖脂肪酸エステル

 

サプリの増粘剤として使われています。

 

こちらは大量摂取すると下痢を引き起こすのだそうですが
サプリでの使用量はわずかな量なので気にする必要はないでしょう。

 

 

セラック

 

サプリメントに光沢を出したり、酸化や湿気から守る用途で使われています。

 

無味・無臭・無毒で安全性がアメリカの食品医薬品局から認められています。

 

 

ステビア

 

南米原産のキク科の植物で、ハーブとしても扱われている甘味料です。

 

ポカリスウェットの甘味料としても使用されていますね。

 

副作用の報告などは特にないそうです。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

このようにサーデンペプチドの他には
サプリメントの形を作るための成分ということになります。

 

 

つまり純粋にサーデンペプチドのサプリメント
ということですから副作用の心配なく心配することなく毎日続けられそうです。

 

 

しかしながら副作用ではありませんがエーザイ公式HPにはいくつか注意点の記載があります。

 

 

ヘルケア特保 副作用 画像

 

 

このように人によっては稀に咳が出ることがあったり
妊娠中の人は腎機能が低下する可能性もあるとのことなので
頭の中にいれていくとよいでしょう。

 

 

ちなみに咳に関してですが、これはヘルケアというよりも、
ヘルケアに含まれているサーデンペプチドがACE阻害薬と似た
ような働きを持っているため、同じ様に咳が出る可能性があるということです。

 

 

特に気管に疾患があるという方はお気を付け下さい。

 

 

ちなみにACE阻害薬というのは血圧の下げる働きのある薬なのですが
副作用としてせきの発症があります。

 

 

ACE阻害薬を摂取することによって、ブラジキニンという物質の分解を抑制する働きがあります。

 

 

そのブラジキニンが気道に存在するC繊維受容体を
ACE阻害薬が刺激することにより、せきが出やすくなる物質が浮遊します。

 

 

ただし、咳の発症は摂取したてが多く、はじめの1〜2か月で発症する事例が多いとのことです。

 

 

また、咳が発症したとしても2〜3か月続けて摂取していればほとんどの人が完治するようです。

 

 

該当する人はご注意ください。

 

>>ヘルケア 500円モニター詳細を見てみる

 

 

>>【ヘルケア 特保】500円モニターの条件はこちら